2014年11月24日

妊娠中期の不眠・寝苦しさの原因と対策

妊娠中期には、目に見えてお腹も大きくなり、赤ちゃんの胎動も聞こえ始める時期。
「もうすぐ産まれるんだ!!」という嬉しい実感を、夫婦で得る貴重な時期。

一方、この時期より妊婦さん特有の症状もでたりと、悩む方も少なくありません。
その中で今日は、不眠や寝苦しさの原因と対策を紹介していきます。

■「寝苦しさ」「不眠」の原因と対策

この時期は、妊娠維持のために「プロゲステロン」というホルモンが産生され、眠気が出やすくなります。
このホルモンは、イライラなど精神的な不安定さを引き起こす場合もあり、これが不眠につながっていることもあります。

不眠へのおススメの対策には次のようなものがあります。

1)睡眠前数時間はTV、スマートフォン、PCなどを使わない

睡眠前数時間はTV、スマートフォン、PCなどを使わないようにして、交感神経を休めましょう。

これらの機器から発せられる光は交感神経を刺激します。
交感神経が刺激されると、体が緊張状態になり、眠りにくくなります。

ベッドでスマホを見ている習慣のある妊婦さんは、旦那さんやお腹の赤ちゃんと話す時間に変えてみえてはいかがでしょうか?


2)シムスの体位で横になる

おなかが大きくなることで、今まで横向き・うつぶせや仰向けで寝ていた人が、
自分が快適な睡眠姿勢が取れなくなることも原因のひとつです。

妊娠中は子宮が大きくなるため、
仰向けに寝ると、大静脈が圧迫され血行が悪くなり、心臓に血液が戻りにくくなることから、
苦しくなったり、気持ちが悪くなったりします。

おすすめは『左半身を下にした横向きの姿勢』です。

人の身体には、左側に大動脈、右側に大静脈が流れています。
静脈は弾力性が小さいため、お腹の大きい妊婦さんが、
右側を下にして寝ると、大静脈は圧迫された状態になります。

これにより、血行が悪くなり、眠る時に苦しく感じるのです。
このとき、リンパ管も押さえつけられるため、むくみや静脈瘤が生じたりする原因にもなります。

妊娠中は循環する血液量が増えるので、循環を助けるため、枕などで上半身を少し上げて寝るのも良いです。


また、ひざを曲げて横向きで寝る
「シムスの体位
(左半身を下にして、右脚のひざを曲げ、
 少しうつ伏せぎみに横たわるポーズで、左手は背中の方に回す)」
も全身がリラックスできるので、妊婦さんにはおすすめの姿勢です。

上になる足のひざを曲げて、両足の間にクッションや抱き枕を置くと、さらに楽になります。

そして、「枕」も眠りには非常に重要なアイテムになります。

横向き寝がしやすいように「抱きまくら」などを試してみることで改善される方も多いようです。

最近は、産後にも授乳枕として長く使える妊婦さん用の抱き枕も増えています。
負担のかからない最適な抱き枕を探してみましょう。


3)心身ともにリラックス

妊娠中はホルモンバランスが崩やすくなることから、
ちょっとしことに敏感になり、ストレスが溜まり易くなっていまがち。

眠ろうとしてもお腹の赤ちゃんの胎動やちょっとした刺激で目が覚めてしまいます。
これを解消するには、身体の内側からリラックスするのが大切です。

周りの友人では、好きな臭いのアロマオイルを嗅いだり
アロママッサージを定期的に行うことでリラックスしている方もいます。

また、色々試しても全く改善されなかった友人が妊娠中から授乳期の今でも使い続け、
とても良いと教えてもらったのが、休息サポート飲料です。

睡眠薬と違い、健康食品のため妊娠中でも安心して使えると教えてもらいました。
実際、この友人は無事出産し、産まれた男の子はとっても元気♪


■試してみた結果

うちの妻は昼間の仕事をしていることもあり、
きちんと眠れないと周りに迷惑を掛けてしまうとずっと悩んでいたので、
新しい方法を見つけては、1つ1つ全部試していました。

今は大分寝苦しさから開放されたようですが、
本人が言うには、休息サポート飲料を飲み始めてちょっとしたころから大分楽になったそうです。

もし、いろいろと試してみても改善されないときにはおススメだそうです。

↓不眠・寝苦しさを優しくサポート↓


posted by papaken at 22:21| 妊娠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月22日

油断禁物!妊娠線はできてしまったら一生の悩みになることも!?

妊婦の天敵!
妊娠線(ストレッチマーク)、肉割れ、セルライト、オレンジピールスキン、・・・。

聞いたことがあったり、知ってはいても、
「自分は大丈夫♪」
誰もがそう思い勝ち☆

大丈夫と思っていた最後の最後、
出産直前に急に大きな妊娠線がっ(><)

その結果、子供が大きくなった今も悩んでいる方も沢山います。
個人差はあるようですが、一生消えない人も少なくありません。

芸能人やモデルさんで、産後に綺麗な水着姿を披露しているような人たちは
必ずと言っていいほど、妊娠中からのケアに真剣にやった人たちです。


「一人目は大丈夫だったから、二人目も大丈夫」
ということもないそうです。


大事な子供の出産♪
『あの時やっておけば良かった』
という後悔を残さないためにも、クリームなどで早めのケアが大切です。



posted by papaken at 08:37| 妊娠線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月20日

妊娠中の寝苦しさは心身ともにリラックスが大切

妊娠中の寝苦しさを少しでも軽くするためには
無理なく、心身ともにリラックスすることが大切です♪

具体的に、どのようにリラックスするかここはとっても参考になりました!
posted by papaken at 21:07| 妊娠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。